電話でのお問い合わせ24時間メールお問い合わせ
ソーラーシェアリング
対象エリア:北和・中南和地区
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)とは?
ソーラーシェアリング、営農型太陽光発電とは、農地として土地利用しながら、
作物の上の空間に太陽光パネルを設置して、農業と太陽光発電を同時に行う営農型発電です。
太陽光のチカラを共有し、営農にプラスして安定した副収入を得ることが可能です。
太陽光発電は導入の手続きが難しいと思われがちですが、平成25年、農家向け導入手続きや管理のための条件が簡略化、新たにパネルを設置するハードルがぐっと下がりました。
設置後のメンテナンスも比較的容易で、耐用年数も約20年と長いため、今営農型太陽光発電を導入する農家が増えています。
面倒な手続きは当社にお任せください!
許可申請書、事業計画書、設備下部の農地における営農計画書及び営農への影響見込書、農地法第3条許可申請書...。
農地で太陽光発電を行う場合、様々な申請書類が必要になります。
申請書類の提出先は各自治体になりますので、各地に合わせた対応が必要になります。
これらの煩雑な許可申請を一手に引き受けます。
日本環境電設
住宅用サービス
J-kanden All Rights Reseved 2019.