電話でのお問い合わせ24時間メールお問い合わせ
お知らせ
中小企業が太陽光発電を導入している理由

奈良で自家消費型太陽光発電を導入するなら日本環境電設にお任せ!

 

皆様、こんにちは!

 

日本環境電設の山本です!

 

今回は最近注目されている「自家消費型太陽光発電」とはそもそも何を目的としたものなのか、「自家消費型太陽光発電」を導入することでどういったメリットがあるのかについて、ご紹介させていただきます。

 

【「自家消費型太陽光発電」とは?】

「自家消費型太陽光発電」は工場や倉庫の屋根、または工場敷地内などに設置し、施設内の使用電力の一部、もしくは全部を自家発電するシステムです。

 

今まで太陽光発電業界で主流であった「全量売電型太陽光発電」と異なり、「自家消費型太陽光発電」の目的は「生み出した電気をすべて自社で使用する」ことです。

 

【「自家消費型太陽光発電」のメリット】

「自家消費型太陽光発電」のメリットは自社の太陽光パネルで作った電力を使用することで年々上昇している電気代を抑制できることです。

 

また、自家消費型太陽光発電システムは停電時にも電気を使うことが可能であるという面で災害対策にもなります。蓄電池も付加すると長期の停電対策にもなります。

 

さらに「自家消費型太陽光発電」には優遇税制が定められており、それを活用することで法人税対策もできます。

 

こういった特徴を持っている「自家消費型太陽光発電」は企業が抱えている様々な問題を解決することができます。

 

いかがでしたか?

 

自家消費型太陽光発電以外でも太陽光発電に関するご質問でしたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ!

 

奈良で自家消費型太陽光発電を導入するなら日本環境電設にお任せ!

 

以上、日本環境電設の山本がお送りしました!

 

日本環境電設
J-kanden All Rights Reseved 2019.